曼荼羅 マンダラ


   ぶっせつまか はんにゃはらみた しんぎょう

 仏説摩訶般若波羅蜜多心経

かん じ  ざい ぼ さつ   ぎょう じんはん にゃ  は  ら  みっ  た  じ  しょう けんご うんかい  くう
観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 
ど  いっ さい  く やく    しゃ りし     しき ふ  い  くう    くう  ふ  い  しき   しき そく ぜ くう
度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空 
くう そく ぜ  しき   じゅそうぎょう しき やくぶ にょ  ぜ    しゃ  り  し     ぜ しょほうくう そう
空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相 
ふ  しょう ふ  めつ  ふ  く  ふ じょう   ふ  ぞう  ふ  げん  ぜ  こくう ちゅう
不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中 
む  しき   む  じゅそう ぎょうしき  む  げん  に  び  ぜっしん  い   む  しき しょう こう み  そく ほう
無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 
む  げん かい   ない  し  む  い  しき かい   む  む みょうやく   む  む みょう じん
無眼界 乃至無意識界 無無明亦 無無明尽 
ない し  む ろう し  やく  む  ろう し  じん    む  く しゅうめつどう   む  ち  やく  む  とく
乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得 
い   む しょとく  こ   ぼ  だい さつ  た    え はん  にゃ は  ら  みっ  た  こ
以無所得故 菩提薩埵 依般若波羅蜜多故 
しん  む  けい  げ   む  けい  げ こ    む  う  く  ふ    おん り いっさい てん  どうむ そう
心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想 
くう ぎょうね  はん   さんぜ  しょぶつ    え  はん にゃ  は  ら  みっ  た こ
究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故 
とく あの  く  た ら さんみゃく さんぼ だい   こ  ち  はんにゃ は  ら  みっ  た
得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多 
ぜ  だいじん しゅ    ぜ  だいみょうしゅ  ぜ  む  じょうしゅ  ぜ  む  とう どうしゅ
是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 
のう  じょいっ  さい く   しん  じつふ  こ     こ  せつ はん にゃ はら  みっ  た しゅ
能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪 
そくせつ  しゅ わっ  ぎゃ  てい   ぎゃ てい   は  ら  ぎゃ てい  は  ら  そう ぎゃてい
即説呪日 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦 
ぼ  じ  そ  わ  か    はん にゃしん ぎょう
菩提薩婆訶 般若心経 





句読点入り
仏説摩訶般若波羅蜜多心経
観自在菩薩行深般若波羅蜜多時、照見五蘊皆空、度一切苦厄。
舎利子! 色不異空、空不異色、色即是空、空即是色。受・想・行・識、亦復如是。舎利子!
是、諸法、空相、不生不滅、不垢不浄、不増不減。
是故、空中、無色、無受・想・行・識、無眼・耳・鼻・舌・身・意、無色・声・香・味・触・法。
無眼界、乃至、無意識界。無無明、亦無無明尽、乃至、無老死、亦無老死尽。
無苦・集・滅・道。無智亦無得、以無所得。
故、菩提薩捶、依般若波羅蜜多、故、心無罫礙。
無罫礙、故、無有恐怖・遠離・一切顛倒・夢想。
究竟涅槃。三世諸仏、依般若波羅蜜多、故、得阿耨多羅三貌三菩提。
故、知般若波羅蜜多。
是、大神呪。是、大明呪。是、無上呪。
是、無等等呪。能除一切苦真実不虚。故、説般若波羅蜜多呪。
即、説呪曰、「羯諦羯諦波羅羯諦波羅僧羯諦菩提薩婆訶」
般若心経




般若心経

「空」について

TOP